業務内容

サンイン技術コンサルタント㈱

ICTチーム

国土交通省の取り組みである

に対応するために2016年に発足した。

計測からICT建機搭載用設計データ作成・出来形計測まで3次元を使ったi-con施工支援業務を行っており

2019年より3Dモデルを使用したBIM/CIM活用業務支援の開始

2020年より水中地形の計測が行える

UAV搭載型グリーンレーザースキャナーを導入

グリーンレーザー計測

UAV搭載型グリーンレーザー計測

UAVにレーザースキャナー(緑色光)を搭載することによりレーザースキャナー(赤色光)や写真では捉えることができなかった水中面を計測することができる。

水を含む広範囲な地形を短時間かつ安全に3次元化することができる。

計測例(緑の部分が点を取得できる部分)※AMUSE ONESELF より引用
パンフレット
取得点群例

使用機材

AMUSE ONESELF TDOT GREEN

DJI Matrice 600 Pro

3次元計測

地上型レーザースキャナー

対象の地形や構造物に対してレーザーを放射し、1点1点が座標値を持った点の集合体(点群)を取得することができる。

高密度で高精細な計測を場所や気象、昼夜にとらわれず行うことができる。

取得点群例

使用機材

TOPCON 3D Laser Scanner GLS-2000

Trimble TX8 (カメラ搭載モデル)

写真計測

UAV測量

UAVをある程度の高度で飛行させ、搭載したデジタルカメラで写真を撮り解析することで、広範囲にわたる地形を短時間で3次元化することができる。

対空標識を設置することにより実際の地形との整合性を確認することができる。

使用機材

SONY α7R

DJI Matrice 600 Pro

DJI Phantom 4 Pro V2.0

見積依頼・お問い合わせ

i-con施工等に関するお問い合わせ・見積依頼
担当者TEL090-7549-8950前田(技術)
090-9501-4364豊島(営業)
mailict-support@sanin-gc.co.jp