鳥取・島根を拠点に、環境地質・測量補償・設計・新エネルギー・介護事業を展開。高度な技術で未来を創造します。

社長のちょっと聞いてごしない!
記事一覧
NO.2
今回は、運についてです。
2010年03月
代表取締役社長 大野木 昭夫
 神社に行けば、必ずおみくじを引きます。大吉だったら~うれしい、凶だったら~がっくり。けれど凶だからとがっくりすることはありません。たぶんそれは注意信号です。そしてよく考えれば凶より悪いものはないということは、今後良くなるしかない!ということでしょう。物事は常に裏があれば表があります。一方しか見えないときは回り込んだらまた違ったものが見えるのです。向かい風は、背中を向ければ追い風なのです。

 皆さんは、運命というものを信じますか?自分の人生を考えるときに、私は運命を信じるというよりも、信じたほうが人生や行動目標の説明がつき自分で納得しやすいと思っています。

 最初の運命と思われるのはこの世に生を受けたときです。生まれた場所、時間そして父と母となった人は、自分が決められることではありません。そして人生は運命の糸が死ぬまでつながっています。しかしその糸は、自分の考え方や行動で動かすことができると思います。プラス思考で努力することによって運命は変わっていくと信じています。だって、そう信じるほうが努力の甲斐があるじゃないですか。

 要は考え方ひとつで人生を変えられる! と自分の都合が良いほうに信じることが得策ですね。
このページのトップへ